TOP  

Whoerプロキシ:デジタル匿名性は安全?

多くの人にとって、プロキシやVPNでサインオンすることは、プライバシーとセキュリティを意味します。少なくとも、これがこれらのサービスを使用する最も一般的な理由でしょう。そのため、無料ティアを提供しているWhoerプロキシのようなサービスは、さらに注目されます。

問題は、Whoer Proxy(通称Whoerip)のような無料プロキシが信頼性があり、意図したとおりに機能するかです。もし機能しない場合、有料プランの価値にどう影響するのでしょうか?

詳しく見ていきましょう。

フーア・プロキシ

目次

  1. Whoer Proxyとは?
  2. Whoerプロキシの使い方
  3. Whoer Proxyの長所
  4. Whoer Proxyの短所
  5. プランと料金
  6. 他のプロシキサービス
  7. 代替オプションVPNを使用する
  8. まとめ

免責事項: 本資料は、情報提供のみを目的として作成されたものです。いかなる活動(違法行為を含む)、製品、サービスを推奨するものではありません。当社のサービスを利用する場合、またはここに記載されている情報に依拠する場合は、知的財産権法を含む適用法を遵守する責任を負うものとします。当社は、法律で明示的に義務付けられている場合を除き、いかなる方法であれ、当社のサービスまたはここに含まれる情報の使用から生じる損害について一切の責任を負いません。

1.Whoer Proxyとは?

Whoer Proxyは、無料プランから始まるシンプルな拡張機能ベースのサービスです。
Whoer Proxyは、無料プランから始まるシンプルな拡張機能ベースのサービスです。(出典: Whoer Proxy Chrome Extension)

Whoer Proxyは、 ユーザーのオンライン・アイデンティティを保護するために設計されたウェブベースのサービスです。キプロスに登録された企業であるWHOIX Ltdがこのサービスを提供しています。この会社は、Whoer VPNという別の製品と並行して、プロキシサービスを提供しています。

技術的には、プロキシはVPNの少し劣る兄弟のようなものです。基本的な匿名性が提供されることが特徴ですが、完全なVPNのセキュリティ機能は備えていません。しかし、Whoer Proxyはこれを全く新しいレベルに引き上げています。

主な特徴

  • IPマスキング: 実際のIPアドレスを隠し、サーバーからのIPアドレスに置き換える機能です。ここでの主要な特徴といえます。
  • WebRTCのリーク防止: WebRTCを通じて実際のIPアドレスが漏れないようにします。これは多くのプロキシサービスで一般的な問題です。
  • ノーログポリシー: オンライン活動が記録されたり監視されたりしないことを保証する厳格なノーログポリシーを掲げています。
  • 複数のサーバー位置: ユーザーは、さまざまなサーバー位置から選択でき、より大きな柔軟性とジオスプーフィングの能力を提供します。
  • ブラウザの拡張機能: 便利なブラウザ拡張機能を提供しており、必要に応じてプロキシ・サービスのオン/オフを簡単に切り替えることができます。

2.Whoer Proxyの使用方法 

Whoer Proxyエクステンションを開き、有効化をクリックすると匿名化されます。

Whoer Proxyは、信じられないほど簡単に使用できる無駄がないシンプルなブラウザの拡張機能を使って動作します。ブラウザ用の拡張機能をダウンロードし、インストールするだけで、すぐに使い始めることができます。 

a.Whoer Proxyのインストール方法

以下にその手順を紹介します。

  1. ブラウザの拡張機能ストアにアクセス→ 「Whoerウェブプロキシ」.
  2. プロキシを選択→ 「インストール」 や、 「ブラウザに追加」.
  3. 拡張機能がインストールされたら、拡張機能のリストからそれをクリック
  4. 新規登録の場合は、メールアドレスを入力→ 「サインアップ」.
  5. Whoerプロキシから認証キーがメールで送られてきます。これを受け取ったら、もう一度拡張機能をクリック→ 「ログイン」→認証キーを入力
  6. ログインしたら、メインインターフェイスのスイッチを オフ から オンへ切り替えます。これでアノニマイザーによる匿名化、非表示が完了です。

プロキシサーバーの評価方法:Whoer Proxyのような プロキシサーバー を評価する際、体系的なアプローチにより、その能力と制限を理解することが重要です。評価のアプローチは、セキュリティ機能、プライバシーポリシー、パフォーマンスと信頼性、ユーザーインターフェイスと使いやすさ、そしてサーバーネットワークに基づいています。

3.Whoer プロキシの長所

他のサービスと同様に、それが誰にとっても完璧ということはありません。長所と短所を天秤にかけ、自分の要求に合っているかどうかを見極めることが大切です。このサービスの長所は、アクセスのしやすさ、使いやすさが挙げられます。以下で詳細を確認していきます。

a.DNSリークからの安全性

DNSリークテストは、その起源をWhoerプロキシサーバー(の疑いがある)にまでさかのぼった。
DNSリークテストの結果、その起源をWhoerプロキシサーバー(推定)にまでさかのぼることができました。(出典:DNSLeaks)

Whoer ProxyのサーバーIPのリストは持っていないため、これはほとんど推測になります。私たちのロケーションは検出されたIPのリストに含まれていなかったため、フランクフルトのエンドポイントはこのサービスに属していると考えられます。少なくとも、そこでサーバーを運用していることは分かりました。

b.ポジティブなユーザー体験

Whoer Proxyは、インターネットトラフィックを再ルーティングするという単純明快な原則に基づいて運用されています。このプロセスにより、IPアドレスが隠されます。このサービスの魅力は、ユーザーフレンドリーなインターフェースと、ほぼあらゆるプラットフォームで使用できる利便性です。

どのデバイスでもプロキシサーバーの設定が不要で、技術的なノウハウも必要なく、スイッチひとつで実行できます。最初のユーザー登録が終われば、スムーズで申し分ない使い心地を実感できるでしょう。

c.クライアントアプリケーション不要

Whoer Proxyはブラウザの拡張機能によってのみ動作します。これらは一般的に専用アプリケーションよりも軽量で、アプリケーション内でプロキシサーバー設定を手動で行うよりも簡単です。

d.制限なしの帯域幅を提供

Whoer Proxyの魅力の一つは、無料プランを提供していることです。さらに、無料プランでも帯域幅に制限がないという良い点を兼ね備えています。

比較すると、ほとんどの無料サービスでは帯域幅が大幅に制限され、実質的に使用不可能になることが多いです。例えば、TunnelBearはそのVPNで無料プランを提供していますが、月間データ転送は500MBに制限されています。

e.広範なサーバー位置

無料版では、オランダにある単一のサーバーを利用できます。しかし、有料プランにアップグレードすると、21か所のサーバーのいずれかに接続することが可能です。最も良い点は、これらの場所が適切に分散されていることで、全世界を網羅する強固なカバレッジを保証しています。

サーバーの位置は、西のアメリカから中央のヨーロッパ、東のシンガポールにまで広がっています。これは東西をつなぐ広範なネットワークであり、速度と接続の安定性を確保します。

4.Whoer プロキシの欠点

次は問題点について考えてみましょう。気になることに、Whoer Proxyは匿名性を提供すると謳っていますが、その匿名性に問題があります。

a.Whoer ProxyにはWebRTCリークで漏れが存在

WebRTCのリークテストはうまくいかなかった。
WebRTCのリークテストは、うまくいきませんでした。(出典:browserleaks.com)

まず大前提に、表面的には、Whoerプロキシは、ある程度の匿名性を提供します。これは、サービスを有効にしてほとんどのウェブサイトを訪れると、プロキシサーバーのIPアドレスが表示されることを意味します。

しかし、表面を掘り下げると問題が発生します。私たちのWebRTC漏れテストでは、まずWebRTC漏れ防止オプションが有効であることを確認しました。その後、browserleaks.comを使用して漏れをチェックしました。

2021年以降、他のユーザーがWhoer Proxyのリークを検出している。
2021年以降、他のユーザーがWhoer Proxyのリークを検出しています。(出典: Chrome ウェブストア)

残念ながら、IPアドレスはWhoer Proxyのものであったにもかかわらず、システムは依然として私たちのローカルの公共IPアドレスを検出することができました。この欠陥は、地域制限のあるコンテンツをブロックするほとんどのサイトがあなたの自宅のIPを確実に検出し、アクセスを拒否することを意味します。

b.プロキシサーバー接続の問題

Whoer Proxyを使用する基本的な前提はシンプルです—スイッチをオンにするだけ—実際は少し異なります。プロキシ接続を有効にしようとすると、接続できないことがしばしば発生しました。これは平均して、接続しようとするたびに2〜3回発生します。

幸い、手動での再接続試行は迅速ですが、その瞬間の途切れはしばしばイライラさせます。また、知らない間にサービスが断続的に切断されるのではないかと心配になります。全体として、かなり怖い経験でした。 

c.無料プランの速度低下

やや遅いものの、Whoerの無料プロキシの速度は広告よりも速い。
Whoerの無料プロキシの速度は、やや遅いものの、宣伝されているものよりも速いです。

Whoerは、無料版のプロキシの速度が1Mbpsに制限されていると主張しています。しかし、調査では、これが完全に正確ではないことがわかりました。

オランダ(唯一の無料サーバーの場所)から遠い場所でこれをテストしました。平均して、15から20 Mbpsの速度を記録しました。この速度は、サーバーまでの距離によって異なる可能性があります。

ウェブダウンロードには遅いかもしれませんが、YouTubeの再生はかなりうまくいきました。簡単なテストでは、2Kビデオのストリーミングが可能であることが示されましたが、それ以上の品質は無理です。

5.プランと価格

プランと料金
Whoer Proxyは、無料で利用開始でき、有料プランは月額$3.90からとなっています。(出典:Whoer Proxy)

この時点でお分かりの通り、Whoer Proxyには無料プランがあります。このプランでは、オランダにある1つのサーバーにアクセスでき、理論上の速度制限は1Mbpsで帯域幅の制限はありません。それ以上のサービスが必要な場合は、有料オプションが利用可能です。

こちらの有料プランでは、すべて同じプロキシサービス機能を提供しています。この階層で、21カ国のサーバーにアクセスでき、速度制限が解除されます。価格は、契約期間によって異なります。

1番高いプランは、月額$9.90です。1番安いプランは、年間契約で、料金は月額$3.90に下がり、事前に支払う必要があります。(一括前払い$45.90)

6.他のプロシキサービス

ここまでで、WHoer Proxyについて述べたことが気に入ったとしてもそうでないとしても、他の選択肢について知っておくと良いでしょう。多くのプロキシサービスがデジタル世界の広い範囲で利用可能です。

a.RapidSeedboxプロキシサーバー

パワフルなシードボックスの他に、RapidSeedboxは プロキシサーバーを提供しています。ここでのパッケージは通常、ほとんどの競合他社を上回っています。高度な機能には、IPのローテーション、HTTPやSOCKS5のオプション、個人所有のIPアドレスなどがあります。

b.Proxify

定評のあるプロキシサービスであるProxifyは、匿名ブラウジングと幅広いサーバーロケーションを提供しています。特に、SwitchProxy機能により、ネットワークフィルタやファイアウォールを回避します。

c.KProxy

無料プロキシサービスでWhoerの競争相手として目立っているKProxyは、拡張機能やウェブサイトで使用できます。しかし、これはデジタルプライバシーを真剣に考える人よりも、カジュアルユーザーに適したプロキシサービスでしょう。

7.代替オプション:VPNを使う

専門家にとっては、プロキシサーバーはニッチなカテゴリーで特定の用途に適しています。しかし、Whoer Proxyのようなサービスに関しては、デメリットがしばしば状況を持続不可能にしてしまうこともあります。いずれ、疑問に感じるでしょう: なぜ代わりにVPNにお金を払わないのか?

VPNは、すべてのインターネットトラフィックをエンドツーエンドで暗号化するなど、はるかに優れたセキュリティを提供します。これは、IPアドレスとすべてのデータが暗号化され、ハッカーやISPが情報を傍受して読み取ることがほぼ不可能になることを意味します。

また、最近のほとんどの専用VPNは、過去に比べてはるかに高品質です。評判の良いブランドであれば、Netflixのようなサービスでブロックされることはほぼないでしょう。また、以前よりもはるかに高速で、VPNで保護されていない速度と比べてもほとんど差はありません。

さらに、優れたVPNは通常Whoer Proxyよりも多くのプラットフォームをカバーしています。例えば、スマートTV、PlayStation、その他のデバイスで動作させることができるはずです。

8.まとめ:Whoer Proxyは、試す価値あり?

Whoerプロキシではなく、別のオプションかVPNを検討することをお勧めします。Whoerは、基本的なことに関してはよくできており、特にプロキシサービスに対するユーザーフレンドリーな使いやすさは良い点です。

問題なのは、その重要な目的である「ユーザーがオンライン上で匿名性を保てるようにする機能」が失われているという点です。自分のIPを追跡されたくないなら、このサービスを避けるべきでしょう。

デジタル・プライバシーについて真剣に考えていますか?

信頼性の高い堅牢なプロキシサーバープランを今すぐご利用ください。
プロキシ革命に参加して、あらゆるコンテンツへの確実なアクセスを手に入れよう。
あなたのIPが追跡されるのを止め、デジタルの匿名性をお楽しみください。

著者について ティモシー・シム

ティモシー・シムのアバター

ティモシー・シムはベテランのライター、編集者、SEOコンサルタントで、技術に情熱を注いでいる。ウェブホスティング、デジタル・ビジネス・ツール、サイバーセキュリティを中心に活動。

過去10年間、ティムはWHSR、Bitcatcha、ScalaHostingなどの著名ブランドと関わってきた。技術的なノウハウと語りのスキルを独自にブレンドすることで、複雑なトピックをわかりやすく、魅力的なものにしている。

オンライン・プライバシーの熱烈な支持者であるティムは、自由な時間を自身のウェブサイトHideMyTrafficに費やしている。有益なデジタル・セキュリティ情報を提供するだけでなく、このサイトは彼の SEO スキルをさらに磨くためのサンドボックスとしても機能しています。

4万人以上のニュースレター購読者に参加

Seedboxの使用例、テクニカルガイド、プロキシ、プライバシーに関する最新情報を定期的にお届けします。 プライバシー/セキュリティに関する最新情報をお届けします。

自分の意見を言う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です