TOP  

SSHでIPv6:完全ガイド

IPv6対応サーバーにSSH接続するには?IPv6接続を受け付けるようにSSHを設定するには?これらはSSHクライアントとサーバーに関する質問で、このガイドでお答えします。

簡単に言うとIPv6にSSH接続するには、(UNIXベースのシステムで)以下のコマンドを使う:

ssh ユーザー名@あなたのサーバー_ipv6

しかし、この単純な命令だけではない。

もっと詳しく知りたい方は、続きをお読みください。

IPv6へのSSHガイド

この記事では、SSHとIPv6のセットアップ(Ubuntu Linuxの場合)について説明します。SSHのインストールと設定から、IPv6の有効化とネットワーク設定の管理まで、全てをカバーします。また、IPv6ネットワーク用の一般的なSSHコマンドや、他のシステムでIPv6にSSH接続する方法を簡単に説明し、トラブルシューティングのヒントも紹介します。

目次

  1. UbuntuでSSHとIPv6を設定する
    • SSHサーバーのインストール
    • SSHの設定
    • SSHでサーバーに接続する
  2. UbuntuでIPv6を有効にして設定する
    • カーネルIPv6設定のチェック
    • IPv6ネットワーキングの設定
    • SSH IPv6設定のためのセキュリティとネットワーク設定
  3. 一般的なSSHコマンドとIPv6ネットワーク管理
    • 基本的なSSHコマンド
    • 基本的なSSH IPv6コマンド
    • 高度なSSHコマンド
  4. SSHで他のシステムにIpv6を接続する
    • シスコデバイスにおけるSSH IPv6の設定
    • WindowsとPowerShellのSSH IPv6。
    • macOSのSSH IPv6。 
  5. トラブルシューティング FAQ
  6. まとめ

1.UbuntuでSSHとIPv6をセットアップする

セキュアシェルと IPv6 Ubuntuでは、安全で効率的なネットワーク通信を確保するために、いくつかの重要な手順が必要です。 以下は、コンフィギュレーションやコマンドを含む、各ステップの詳細を説明する包括的なガイドである。

a.ステップ1: SSHサーバーのインストール

  • ターミナルを開き、パッケージリストを更新する:
sudo apt update.
  • でOpenSSHサーバーをインストールする(すでにインストールされている場合は、ここで通知されます):
sudo apt install openssh-server
SSH IPv6の設定
  • インストールされると、SSHサービスは自動的に開始するはずです。ステータスを確認するには
sudo systemctl status ssh
IPv6 SSHの設定

b.ステップ2: SSHの設定 (オプション)

  • SSHの主な設定ファイルは/etc/ssh/sshd_configです。 編集する前にバックアップを取る:
sudo cp /etc/ssh/sshd_config /etc/ssh/sshd_config.bak
  • で編集用のファイルを開く:
sudo nano /etc/ssh/sshd_config (または sudo vi /etc/ssh/sshd_config)
  • ここでいくつかの変更を加えることができる:
    • デフォルトのSSHポート(ポート22)をカスタムポートに変更し、セキュリティを強化する。
    • PermitRootLoginをnoに設定することで、ルートログインを無効にする。
    • AllowUsersユーザー名で特定のユーザーにSSHアクセスを制限する。
IPv6 SSH設定ファイル
  • 変更後、保存してエディタを終了します(CTRL+X、次にY、そしてEnter)。
  • SSHサービスを再起動して変更を適用します:
sudo systemctl restart ssh

c.ステップ 3: SSH経由でサーバーに接続する

  • 別のマシンから
ssh ユーザー名@your_server_ip
  • 例えば、macOSマシンから "IPv6-SSH-LAB "Ubuntu Linuxマシン(実際は米国にあるAWS EC2)にsshでログインする。
  • デフォルトの「ubuntu」ユーザー名とサーバー・ドメイン名を使います。さらに、セキュリティ上の理由から(パスワードの代わりに)、ローカル・コンピューターにある秘密鍵ファイルを使います。 
  • まず、秘密鍵のあるフォルダを探し、以下のコマンドを実行する:
ssh -i "name_of_private_key.pem" ユーザー名@domain_of_server

注意: SSHコマンドの-iオプションは、接続に使用するIDファイル(秘密鍵)を指定する。したがって、このオプションは、IPv6、IPv4、またはドメインへのsshに秘密鍵ファイルを使用する場合にのみ使用してください。 

IPv6へのSSH

サーバーにプロトコルは設定されているが、IPv6は有効になっていないか、設定すらされていない可能性が高い。次のセクションでこれを解決しよう。 

2.UbuntuでIPv6を有効にして設定する

このセクションでは、UbuntuでIPv6を有効にして設定する方法を説明します。カーネルでIPv6をチェックして有効にする方法、IPv6ネットワーキングをセットアップする方法、安全なネットワーク設定のための主要なセキュリティ対策を実装する方法について説明します。 以下の手順で、サーバーがIPv6に対応し、安全であることを確認します。

a.ステップ1:カーネルでIPv6が有効になっていることを確認する

注: また、IPv6がカーネルレベルで有効になっていても(最近のLinuxディストリビューションではデフォルトになっていることが多い)、完全に動作させるには、適切なネットワーク設定とネットワークまたはISPからのIPv6アドレスが必要であることにも注意が必要だ。

  • IPv6が有効になっているかどうかは、cat /proc/sys/net/ipv6/conf/all/disable_ipv6で確認する。
  • 0を返せば、IPv6が有効になっている。
ipv6の有効化
  • 1を返した場合、IPv6は無効である。
  • etc/sysctl.confを編集して有効にする:
sudo nano /etc/sysctl.conf (または sudo vi /etc/sysctl.conf)
  • ファイルの最後に以下の行を追加する:
net.ipv6.conf.all.disable_ipv6 = 0
net.ipv6.conf.default.disable_ipv6 = 0
ipv6対応
  • 保存してエディタを終了します。
  • で変更を加える:
sudo sysctl -p

b.ステップ2:IPv6ネットワーキングの設定

  • ネットワークインターフェイス設定ファイルを開く:
sudo nano /etc/network/interfaces (または sudo vi /etc/network/interfaces)
  • iface eth0 inet dhcp(または同様のもの)でIPv4設定を見ることができる。
  • 静的IPv6の場合は、以下を追加する(あなたの詳細で置き換える):
iface eth0 inet6 static
アドレス YOUR_IPV6_ADDRESS
ネットマスク YOUR_IPV6_NETMASK
ゲートウェイ YOUR_IPV6_GATEWAY
  • DHCPv6の場合は、単に追加する:
iface eth0 inet6 dhcp
設定ファイル IPv6 SSH
  • 保存してエディタを終了します。
  • ネットワークサービスを再起動する:
sudo systemctl restart networking

DHCPv6についてもっと知りたいですか?私たちの DHCPv6絶対ガイド

注意: 最新のUbuntuシステム、特にUbuntu 16.04 LTS以降を使用している場合、ネットワーク設定は通常、従来の/etc/network/interfacesファイルの代わりにnetplanで処理されます。netplan設定ファイルは通常/etc/netplan/にあります。ファイル名は様々ですが、.yamlで終わることが多いです。そして、Netplanコンフィギュレーションを任意のテキストエディタを使って編集します。 

SSH IPv6の設定

c.ステップ3.SSH IPv6セットアップのセキュリティとネットワーク設定を検討する。

サーバーにSSHとIPv6をセットアップする際には、強力なセキュリティ対策と効率的なネットワーク設定を行うことが重要です。 

このステップでは、セットアップのセキュリティを向上させ、ネットワークがスムーズに動作するようにするためのベストプラクティスに焦点を当てます。 これらは、潜在的な脅威からサーバーを保護し、ネットワークが確実に機能するためのガイドラインまたはベストプラクティスであると考えてください。

  • 定期的にソフトウェアをアップデートする: sudo apt update && sudo apt upgrade'でUbuntuサーバーをアップデートしておきましょう。
  • キー・ベース認証を使用する: SSHの場合は、セキュリティを高めるために、パスワードよりも鍵ベースの認証を好む。
  • ファイアウォールの設定: ファイアウォール(UFWなど)を設定し、送受信トラフィックを制御する。
  • ログを監視する: SSHについては/var/log/auth.logのログを、一般的なシステム・アクティビティについては/var/log/syslogのログを定期的にチェックする。
  • 未使用のサービスを無効にする: 使用していないサービスやポートを無効にする。
  • 定期的なバックアップ: コンフィギュレーションと重要なデータのバックアップシステムがあることを確認してください。

以下のステップに従うことで、UbuntuサーバーにSSHとIPv6を効果的にセットアップすることができ、安全で効率的なネットワーク設定の両方が保証されます。

3.一般的なSSHコマンドとIPv6ネットワーク管理

a.Linuxサーバーの管理に不可欠なSSHコマンド

Linuxサーバーでの作業では、リモート管理にSSHを使うことが多い。 ここでは、サーバー管理に欠かせない一般的なSSHコマンドをいくつか紹介する:

a.1 基本的なSSHコマンド

以下は、基本的な「日常的な」SSHコマンドで、サーバーへの接続、サーバーとのファイルのコピー(SCPプロトコルを使用)、ファイルやディレクトリの安全な転送(SFTPプロトコルを使用)を可能にします。

  • サーバーに接続する。
ssh ユーザー名@サーバーのIP
  • ファイルをサーバーにコピーする:
scp /path/to/local/file username@server_ip:/path/to/remote/directory
  • サーバーからファイルをコピーする:
scp username@server_ip:/path/to/remote/file /path/to/local/directory
  • ファイル/ディレクトリを安全に転送する:以下のコマンドを使用する。
sftp username@server_ip

a.2 基本的なSSH IPv6コマンド:

IPv6で作業する場合、コマンドは基本的に同じだが、IPv6アドレスを正しくフォーマットする必要がある。ここでは、先に示したSSHコマンドをどのように適応させるかを説明する:

  • SSH経由でIPv6を使用してサーバーに接続する:
sftp username@server_ip
Example: ssh username@[2001:0db8:85a3:0000:0000:8a2e:0370:7334]
  • IPv6を使用したサーバーへのファイルのコピーとサーバーからのファイルのコピー:
サーバーへ: scp /path/to/local/file ユーザー名@[ipv6_address]:/path/to/remote/ディレクトリ
サーバーから:scp username@[ipv6_address]:/path/to/remote/file/path/to/local/directory
  • IPv6を使用してファイル/ディレクトリを安全に転送する:
sftp ユーザー名@[ipv6_アドレス]

a.3 高度なSSHコマンド

SSHは洗練されたサーバー管理のための基本的な接続性以上のものを提供します。また、パスワードなしで安全にアクセスするための SSH キーを生成したり、それらのキーをサーバーにコピーして簡単にログインしたり、リモートでコマンドを実行したり、安全なデータ転送のためにトンネリングやポートフォワーディングを設定したりすることもできます。 

これらの高度なコマンドは、セキュリティを強化し、サーバーと対話するためのより多くの方法を提供します。

  • SSH鍵の生成:
ssh-keygen -t rsa
  • SSHキーをサーバーにコピーする:
ssh-copy-id username@server_ip
  • リモートコマンドを実行する:
ssh username@server_ip 'command'
  • SSHトンネリング/ポート転送:
ローカル: ssh -L local_port:destination_server_ip:remote_port username@ssh_server_ip
リモート: ssh -R remote_port:local_server_ip:local_port username@ssh_server_ip

b.その他のSSH IPv6のヒント

SSH設定ファイル(~/.ssh/config)にInternet Protocol v6アドレスを定義すると、接続管理が簡単になります。 このファイルはデフォルトでは存在しないかもしれないが、作成することも、すでに存在する場合は編集することもできる。

  • エディターでは、IPv6アドレスを使用してサーバーのエントリーを定義できます。以下はその例です:
ホスト myserver

HostName 2001:0db8:85a3:0000:0000:8a2e:0370:7334

ユーザー名
  • ファイルを保存して閉じる。

注意: SSH設定ファイル(~/.ssh/config)にいくつかのディレクティブを追加することで、秘密鍵ファイルの指定(以前SSHサーバーへの接続に使用したもの)など、接続設定を効率化することができます。ただし、セキュリティ上の理由から、SSH設定ファイルに直接パスワードを指定することはできないことに注意してください。SSHはパスワードのハードコーディングは推奨せず、鍵ベースの認証のようなより安全な方法を推奨するように設計されています。

SSH IPv6の有効化
  • myserver」はあなたのサーバーのニックネームに、2001:0db8:85a3:0000:0000:8a2e:0370:7334はあなたのサーバーの実際のIPv6アドレスに、ユーザー名はそのサーバーでのSSHユーザー名に置き換えてください。
  • IPv6を圧縮して、覚えやすく、書きやすくすることもできます。IPv6圧縮ルール)
  • サーバーに接続する: ssh 'myserver'、またはこの例では ssh SSH-SERVERと入力するだけでサーバーに接続できます。

注1: スクリプトを使用してタスクを自動化する場合(IPv6を自動的にSSHするなど)、IPv6アドレスを適切に処理し、フォーマットしていることを確認してください。

注2: デュアルスタック環境で運用している場合は、IPv6上のSSHトラフィックを許可するようにファイアウォールが設定されていることを確認してください。

4.他のシステムでSSHをIPv6用に設定する。 

このセクションでは、Ciscoデバイス、Windowsシステム(PowerShellを使用)、MacOSを含むさまざまなプラットフォーム上でIPv6上でSSHを設定するための内部と外部について説明します。 

a.シスコデバイスでのSSH IPv6設定

Cisco はデバイス全体で IPv6 を強力にサポートしています。CiscoルーターとスイッチでIPv6用のSSHを設定することは、最新のネットワークで安全なリモート管理を保証するための重要なステップです。以下はSSHの設定方法に関するクイックガイドです。 シスコのIPv6

注意: SSHを設定する前に、CiscoデバイスでIPv6を有効にすることが不可欠である。これはグローバル・コンフィギュレーション・モードで'ipv6 unicast-routing'コマンドを使って行うことができる。

  • IPv6用SSHのセットアップ:
    • CiscoデバイスでSSHを有効にするには、まずホスト名とドメイン名を設定する必要がある。
    • crypto key generate rsa」コマンドを使って、SSHに必要なRSA鍵を生成する。
    • SSHを有効にし、'ip ssh version 2'コマンドを使ってどのバージョン(できればバージョン2)を指定するか。
    • SSHを使用するように'line vty'設定を行い、IPアドレスアクセスを指定する。
  • IPv6アドレスによるSSHアクセス:
    • デバイス・インターフェースにIPv6アドレスを割り当て、ネットワーク上で到達可能であることを確認する。
    • SSHクライアントを使用して、IPv6アドレスを指定してCiscoデバイスに接続します。

b.Windows と PowerShell での SSH IPv6。

IPv6 への SSH は Cisco や Linux デバイスだけのものではない。普及が進むにつれて、ネットワーク管理者から開発者まで、WindowsユーザーもこのプロトコルでSSHを使う方法を知っておく必要があるだろう。さらに、PowerShellはスクリプトを作成し、ネットワークタスクを自動化するための貴重なツールであり、SSH接続をシームレスに自動化し、管理することができます。

b.1 WindowsでSSH IPv6を実行する。

  • Windows SSHクライアント:
    • 最新のWindows 10とWindows ServerにはSSHクライアントが内蔵されており、IPv6アドレスを使ったSSH接続を簡単に確立できる。
    • SSHを使用するには、PowerShellまたはコマンドプロンプトを開き、標準的なSSH構文を使用し、ssh username@[IPv6_Address]のように括弧でIPv6アドレスを指定する。
  • サードパーティのSSHクライアント: より豊富な機能を使いたい場合は、PuTTYのようなサードパーティのクライアントを使うことができる。PuTTYはIPv6アドレスをサポートしており、IPv6で設定されたSSHサーバーに接続することができます。
  • SSH over IPv6のネットワーク設定: WindowsマシンがIPv6用に正しく設定されていることを確認してください。これには、有効なアドレスを持ち、ネットワークとファイアウォールの設定がIPv6でのSSHトラフィックを許可していることを確認することが含まれます。

b.2 PowerShellを使ってSSH IPv6接続を管理する。

  • PowerShell SSHモジュール: Windows PowerShell 6.0以上では、SSHベースのリモーティングがネイティブでサポートされています。つまり、PowerShellを使って、Internet Protocol v6アドレスを含むSSH接続を確立できる。
  • SSH接続のスクリプト: PowerShellを使用すると、IPv6アドレスを持つデバイスへのSSH接続プロセスをスクリプト化できます。これには、ログイン手順の自動化、リモートコマンドの実行、SSH経由でのデータ取得や設定変更の処理などが含まれます。

以下はそのためのPowerShellスクリプトの例である。 このPowerShellスクリプトは、IPv6アドレスを使用してサーバーへのSSH接続を自動化します。 SSHコマンドを構築して実行し、指定されたコマンドを実行し、出力をキャプチャする。このスクリプトは、パスワードなしのSSHアクセスが可能な環境で動作するように設計されています。

SSHからIPv6へ(Powershellスクリプト)

c.MacでSSH IPv6

堅牢なネットワーク機能で知られるMacOSは、IPv6によるSSHも包括的にサポートしている。

  • SSH IPv6接続にはターミナルを使用します: MacOSのターミナルはネイティブでIPv6接続を扱えるので、シームレスなSSHセッションが可能になる。構文は他のUnix系システムと似ている:"ssh ユーザー名@[IPv6_アドレス]"
  • IPv6用にSSHを設定する:
    • MacOSでは、~/.ssh/configファイルを使って高度なSSH設定ができる。このファイルでIPv6アドレスを指定すれば、接続管理が簡単になる。 
    • 鍵認証やポート指定などの高度なSSH設定も、Internet Protocol v6接続用にこの設定ファイルで定義できる。
    • ネットワークとファイアウォールの設定: IPv6での接続を確実に成功させるには、MacのネットワークがIPv6用に正しく設定されていることを確認してください。さらに、ファイアウォールの設定を確認し、IPv6経由のSSHトラフィックがブロックされていないことを確認してください。

5.トラブルシューティング FAQ.

a.IPv6アドレスを使ってSSHでサーバーに接続できないのはなぜですか?

IPv6アドレスを使用して接続できない場合は、サーバーのアドレスが正しく設定されていることを確認してください。さらに、クライアントとサーバーの両方がIPv6をサポートしていることも確認してください。さらに、ファイアウォールがIPv6のSSHトラフィックをブロックしていないか確認してください。さらに、サーバーがIPアドレスでリッスンしていることを確認してください(netstat -tuln | grep sshで確認)。

b.IPv6でSSHを使用する場合、"Network is unreachable "エラーはどうすれば解決できますか?

このエラーは通常、ルーティングの問題を示している。確認してください:

  • クライアントもサーバーも有効なIPv6アドレスを持っている。
  • ネットワークはIPv6用に正しく設定されています。
  • クライアントとサーバー間のIPv6接続に問題はない。

c.IPv6で接続すると、なぜSSHセッションがタイムアウトするのですか?

SSHタイムアウトは、ネットワークの問題やSSHコンフィギュレーションの誤りによって発生する可能性があります。トラブルシューティングを行うには、SSHクライアントとサーバーで以下の手順に従ってください:

  • ネットワークのIPv6接続を確認してください。
  • SSHクライアントの設定でServerAliveIntervalを調整する。
  • サーバーのSSH設定(/etc/ssh/sshd_config)が、アイドル状態のセッションをあまりにも早く切断するように設定されていないことを確認してください。

d.SSHはどのような高度なセキュリティ・プロトコルと暗号化方式をサポートしていますか?

SSHは安全なデータ転送のために、AES、Blowfish、3DESのようないくつかの暗号化アルゴリズムをサポートしています。さらに、鍵交換と認証には RSA、DSA、ECDSA を使います。セキュリティを強化するために、SSH鍵の生成にはEd25519アルゴリズムを使うことをお勧めします。

e.パスワード認証より安全で便利な方法は?

認証にSSHキーを使うことは、パスワードよりも安全で便利です。SSHキーは、より安全なサーバーへのログイン方法を提供し、セキュリティを犠牲にすることなくログインプロセスを自動化するのに役立ちます。

f.SSHアクセス用にUbuntuサーバーにIPv6アドレスを設定するにはどうすればいいですか?

Ubuntuでは、netplan設定ファイル(通常は/etc/netplan/)を編集して、IPv6アドレス、サブネット、ゲートウェイを追加します。sudo netplan' applyで変更を適用し、サーバーがIPv6アドレスでリッスンしていることを確認する。

g.IPv6でSSHを使用する際、"invalid argument"(無効な引数)エラーが発生した場合はどうすればよいですか?

無効な引数」エラーは通常、IPv6アドレスのフォーマットが正しくないか、不適切に入力された場合に発生します。IPv6アドレスが正しくフォーマットされていることを確認してください。例:ssh username@[2001:db8::1234]。また、アドレスが有効であり、接続しようとしているホストに割り当てられていることも確認してください。

h.SSH over IPv6の "no route to host "エラーはどうすれば解決できますか?

no route to host "エラーはルーティングの問題を示しています。サーバーのIPv6アドレスへのルートが正しく設定されているか、ネットワーク構成を確認してください。クライアントとサーバーの両方が有効で到達可能なIPv6アドレスを持っていることを確認します。さらに、中間ルーターまたはファイアウォールが宛先へのIPv6トラフィックを許可するように設定されていることを確認してください。

i.SSH over IPv6で "port 22: invalid argument "というエラーはどういう意味ですか?

ポート22:無効な引数」エラーは、一般的にSSHコマンドのフォーマットに問題があることを示唆している。これは特にIPv6アドレスの指定方法に関するものです。アドレスが正しくフォーマットされていることと、SSHコマンドに構文エラーがないことを確認してください。例えば、正しい書式は ssh username@[2001:db8::1234] です。

6.まとめ

このガイドでは、インストールの基本から高度なセットアップの複雑な側面まで、SSHとIPv6設定の基本を丁寧に紹介してきました。これらのプラクティスに従うことで、SSH経由でサーバーに接続できるだけでなく、堅牢でパフォーマンスの高いネットワーク・インフラを構築できるようになります。 

このガイドが有益で役に立つことを願っています。そして、空には限りがあることを忘れないでください。だから我々は学び続けなければならない!

IPv6アドレッシングに関する知識を深めるために、貴重な関連情報を掲載した以下のブログ記事をご覧ください。 


Dive into the future of SSH connections with IPv6 at RapidSeedbox.

強化されたセキュリティ、グローバルリーチ、シームレスなセットアップで、お客様のネットワークニーズにお応えします。🚀

IPv6によるSSHセキュリティの強化。
手間いらずのグローバル接続。
24時間365日の専門家によるサポート。
LOAによる柔軟なホスティング。
明瞭な価格設定と48時間以内の返金。

アップグレードの準備はできていますか?

今すぐRapidseedboxにアクセスして、初月20%の特別割引を手に入れよう!

----

について ディエゴ・アストゥリアス

ディエゴ・アストゥリアスのアバター

ディエゴ・アストゥリアスは、複雑な技術専門用語を魅力的なコンテンツに翻訳する技術ジャーナリスト。米国ワシントンDCでインターネットワーキング技術の学位を取得し、Cisco、McAfee、Wiresharkの技術認定を受けている。ラテンアメリカ、韓国、西アフリカでの実務経験あり。SiliconANGLE Media、Cloudbric、Pcwdld、Hackernoon、ITT Systems、SecurityGladiators、Rapidseedboxなどで紹介されている。